思春期ニキビと大人ニキビはできる原因が違う!?

ニキビの呼び方は大きく分けて2通りあります。思春期ニキビと大人ニキビといってニキビができる時期によって区別されます。

 

思春期ニキビと大人ニキビは呼び方とできる時期だけではなく原因も全く違います。それぞれのニキビができる原因について紹介します。

 

思春期ニキビができる原因は?

思春期ニキビは、体と心が大きく成長する思春期の頃にできるニキビです。

 

成長期なので、当然成長ホルモンが分泌されますよね。この成長ホルモンが思春期ニキビの大きな原因となってしまうのです。成長ホルモンは、体の成長のために不可欠なホルモンですが分泌されるときに、皮脂も一緒に分泌されます。

 

成長ホルモンの影響で、普段よりも多くの皮脂が分泌されることになり、皮脂が過剰分泌された状態になります。余分な皮脂は毛穴に詰まってしまうので、そこにニキビができてしまうというわけです。

 

思春期ニキビは原因がシンプルではありますが成長ホルモンの影響ということである意味避けることができません。お肌の健康のためにはなるべくできないように予防することも大切ですが出来てしまった後のケアが何より重要になります。

 

大人ニキビができる原因は?

大人ニキビは思春期ニキビとは違って、原因が様々人によって違います。大人ニキビができる原因で多いのがストレスや睡眠不足、食生活の乱れ、乾燥などですが色々な原因が重なってできる場合も多いので直接的な原因を特定するのは難しいでしょう。

 

規則正しい生活をして、ストレスを出来るだけ溜めないようにすることが大人ニキビの予防につながりますがニキビができにくいお肌の状態を普段からスキンケアで整えておくことも大切です。

 

このように思春期ニキビと大人ニキビでは原因が大きく違います。ケアのポイントも変わってくるので、参考にしてみてくださいね。

 

TOP⇒楽天ではファーストクラッシュは売っていない!